津留晃一公式サイト。 津留さんの商品の販売と、個人セッションや浄化ワークショップなどを行っています (集合人編集局)

過去の オンライン講演会

過去の 「オンライン講演会」

 
 これまでに開催した「オンライン講演会」の様子と、いただいたご感想は、
 下記のとおりです。

 参加をご検討されている みなさま、
 どうぞ ご参考になさってください。

.


.

5月15日 オンライン講演会(教育編)

 
 2022年5月15日(日)、
 現役の「通信制高校教諭」でいらっしゃり、
 かつ、
 ご自分のお子さんに「多彩な代替教育」
 を受ける機会をご提供した経験を持つ、
 さやか さん をお招きして、
  「これからの学び〜 をやわらかく考える座談会」
 を題名に、座談会を開催しました。
 
 
 4名の方にご参加いただき、
 さやかさんと、ご主人、お子さんご本人、
 裕子さんと、ひでと、
 全員で9名が zoom上で顔を合わせ、
 
 「学び」「教育」などについて、
 それぞれの意見や興味を 投げかけ、
 やわらかく 話し合いました。
 
 
 さやかさんが どのような思いから、どのような選択肢を提案したか、
 それを受けて、お子さんが、どのように思い、どのように行動したか、
 など、
 親側と、子供本人側との、両方の思い・記憶をお聞きできたのが、
 何より、興味深く、参考になりました。
 
 またご参加者には、元 公立小学校教諭の方もいらっしゃったため、
 既存の学校側の立場や、その教諭側の思いなども聞けて、
 
 とても深い内容の座談会となりました。

 
 さやかさん、みなさん、ありがとうございました。
 また機会を持って、お話ししましょう!
 

 いただいたご感想

  
  先日の座談会ありがとうございました。
  
  3人の子供を持つ身として
  教育についてたくさんの気づきを
  得ることができました。
  
  また、
  自分の中の認識の偏りも認識でき
  教育についてより俯瞰することができました。
  誠にありがとうございました。
  
  
  お恥ずかしい話、
  ホームスクールやフリースクールというものを
  存じ上げておりませんでしたので、
  
  教えない授業のあり方や
  子供たちの声に耳を傾けて(聞いてから)会話する
  コミュニケーションのあり方など
  とても新鮮で勉強になりました。
  
  
  私自身(妻もそうですが)、
  子供たちに「あれしない、これしない」と
  ついつい押し付けてしまうこともしばしば。。
  
  子供たちに
  一方的なコミュニケーションをとってしまって
  いることが多いなと考えさせられました。。
  
  
  子供たちの思いや意思に
  普段からどれだけ耳を傾けることができているのか?
  自分や家族を振り返る良い機会にもなりました。
  
  
  
  座談会での
  そうさんのお話が印象的でした。
  
  自分の言葉として
  しっかり伝えようとする姿はもちろん、
  素直で正直だなと感じました。
  
  自然体で
  これからの未来を自分のペースで考えていこうと
  されているんだなとも感じました。
  
  お一人でイタリア留学されたご経験が
  本当に大きかったのではないかと想像しました。
  
  
  私は中学2年生の時、
  アメリカのホームステイのチャンスがあったのですが、
  直前で怖くなってしまい辞退してしまったことを
  思い出していました(笑)
  
  
  そうくんの行動力はすごいな!
  としみじみ思いました。
  
  これからのそうさんのご活躍が楽しみですね。
  
  そして、
  
  さやかさんとだんさんとの
  パートナーシップも素敵だなと感じました。
  
  お互いに大切にしているものを
  理解し合っている雰囲気が伝わりました。
  
  
  教育というテーマから
  個人の自立という話にもつながり、
  お互いの関係性のあり方を考えさせられたりと
  本当にたくさんの気づきがありました。
  
  
  この度は貴重なお話をしてくださり
  本当にありがとうございました。


.


.

第2回 オンライン講演会(合気道編)

 
 2022年4月24日(土)、
 2回目となる オンライン講演会を、
 今回も、合気道家・原丈二さんを講師にお迎えして、
  「呼吸法で心身を整える ~津留さんと合気道とわたし~」
 を題名に、講演していただきました。
 
 今回は7名の方々がご参加くださり、
 そしてやはり今回も性別・年齢・お住まいもバラバラで
 (海外からご参加の方も!)、
 「合気道」への関心の高さを、改めて感じ取れました。
 
 会では、
  ・合気道とはどのようなものなのか
  ・合気道面白エピソード
  (鉄砲の弾をよけた?リアルマトリックスの神技とは?)
 などをお話しいただいた後、
 
  ・呼吸法の実践
 を、ご指導の元、行いました。
 
 呼吸法は、何種類かを教えていただきましたが、
 それらはすべて、その効果をはっきりと実感できるようなもので、
 これからの生活の中でとてもありがたく使えるものを、
 教えていただきました。
 
 しかも、それらの呼吸法が、
 何を意図していて、なぜ効果があるのか、
 を、前段の解説で教えてくださったことと絡めて、
 ご説明・ご指導くださったので、
 とても納得感を持って実践することができました。
 
 原さん、みなさん、今回もありがとうございました。
 

 いただいたご感想

  
  前回に引き続き、
  オンライン合気道ありがとうございました。
  
  呼吸の重要性を改めて実感いたしました。
  音に合わせていくと呼吸に集中でき、
  身体中に空気が澄み渡る感覚がさえ
  
  全身で呼吸するイメージを持つと
  自分の宇宙に一人いる感覚がよりイメージできました。

  合掌も、不思議と心身の静寂を作ってくれる合図になって
  深呼吸の前後の作法として有効だと感じました。
  
  先日以来、毎朝の呼吸の時間を作るようにしています。
  おかげさまで一日の良いスタートが迎えられています。
  合気道の歴史的な背景、格言の意味など
  丈二さんがわかりやすく要点を交えて説明いただくので
  理解が深まりました。
  脳科学の視点は何度聞いても分かりやすかったです。
  
  また、
  合気道の話を通じて津留さんの話も理解できたこともあり
  どちらの学びも深まりました。
  
  
  「心を鏡のように使う」
  
  この言葉がとても印象的でした。
  物事をありのままに受け入れることとは
  心にブロックがない状態であること。
  
  私は、頭で考えることが強い方なので、
  やり方や方法論など外側へ執着してしまいがちです。。
  そのことが返って潜在能力開花の妨げになっている
  ということ。
  
  考えないで感じること、
  潜在意識をうまく活用するためにも呼吸力をつけて
  いきたいと感じました。
  
  次回もぜひ参加させていただければと思います!
  
  また、丈二さんの道場にも興味を持ちました。
  一度ご訪問させていただきたいななんて思いました。
  
  今後ともよろしくお願いいたします。


.


.

第1回 オンライン講演会(合気道編)

 
 2022年3月26日(土)、
 はじめてとなる オンライン講演会を、
 合気道家・原丈二さんを講師にお迎えして、
  「心から安心して生きる ~津留さんを通して見えてきた合気道~」
 を題名に、講演していただきました。
 
 ご参加くださったのは、3名の方々。
 性別・年齢・お住まいもバラバラで、
 広範なみなさんにご興味を持ってご参加いただけたことから、
 「合気道」への関心の高さを感じ取れました。
 
 会では、
  ・合気道とはどのようなものなのか
  ・他の武道とはどのような相違点があり、どのような特徴があるのか
  ・原さんの経歴
  ・津留さんがどのように生かされているか
 などをお話しいただいた後、
 
  ・イメージングの実践
  ・呼吸法の実践
 などを、ご指導の元、行いました。
 
 教えていただいた、ご指導いただいた「イメージング」「呼吸法」は、
 即座にその効果を実践できるもので、素晴らしく、
 ご参加くださったみなさん全員が、
  「これから実践します!」
 と、喜んでくださっていました。
 
 原さん、みなさん、ありがとうございました。
 

 いただいたご感想

  
  原さんのお話を通じて、
  合気道という武道の目指す世界観と津留さんの世界観が
  シンクロしました。
  そして、合気道は原さんの人生そのものだと感じました。
  
  ●自信がないので、外側を探そうとした
  自分に何か足りないものがあれば、それを補おうと外側に
  答えを探していくのが人間なんだと思いますが、
  答えを探そう、探そうとしていくうちに自分の中にあった
  ということに気づいていく。体認を通じて潜在能力を高め
  るのが合気道でないかと思いました。
  
  ●相手と対立するか、一体化するか
  日常生活において、ついつい相手にリアクションをしてし
  まいます。相手が自分を写す鏡だと頭で理解しても、相手
  を自分とは別の存在体として認識してしまいがち。。
  改めてその真意を再確認できたました。
  相手に執着(意識すること)は、不自由な状態であり、力
  も制限がかかってしまう。逆に、相手と一体化すること
  (意識しないこと)で自由な状態を得、その方が圧倒的に
  強いということ。いかに自然体でいるかがポイントだと
  思いました。
  
  合気道には試合がないというのも盲点でした。
  スポーツの世界では勝ち/負けに執着し、それはそれでゲ
  ームの世界だと思いますが、2極がエスカレートしてしまう。
  武道(合気道)は、本当の自分と対峙し、一体化することを
  目指している。ハイアーセルフとの合一ということなんだな
  とも思いました。
  
  ●脳科学の視点
  とっても興味深った話です。
  思考の領域(大脳新皮質/人間脳)は、200bitという処理
  能力に対して、感覚や感情を掌る大脳辺縁系(動物脳)は
  1000万bitにも及ぶということ。
  顕在意識と潜在意識はここまで大きな差があることには驚
  きました。いかに思考している領域が小さな世界が分かり
  ました。潜在意識をいかに活用させていくか!
  繰り返し繰り返し潜在意識を鍛えることが大事ということ
  も大きな気づきでした。
  
  ●呼吸法&ストレッチワーク
  実際の呼吸法ワークでは、音に集中させながら呼吸をする
  方法は新鮮でした。思考を休ませるにも有効とおっしゃて
  おりましたので、1日の中でリラックスできる時間に有効
  に活用したいと思います。
  イメージを現象化させるストレッチワークも、しっかり
  体感がありました。
  
  ●自己肯定感を上げる
  自己肯定感を上げる方法として、M 2テクニックの有効性
  を仰っていたのが印象的でした。
  ブロックを解消させることが、潜在能力開花や願望実現に
  つながるということ。また、思考の世界に意識を巡らせる
  のではなく、潜在意識に働きかけるようなアンテナという
  存在になることが大事ということ。
  
  
  合気道(武道)は本質そのもので
  頭で理解するものでもなく、型を真似ることでもなく
  全てと同化する、本当の自分と一体化するそのものなんだと
  思いました。
  
  また機会ございましたら参加させていただきます。
  この度は貴重な時間をありがとうございました。


.


.


.

.

Copyright © 集合人編集局 All Rights Reserved.

.


.


.