津留晃一公式サイト。 津留さんの商品の販売と、個人セッションや浄化ワークショップなどを行っています (集合人編集局)

ひで プロフィール

 ひで プロフィール

     
 
 
裕子の 夫 ( 津留晃一の 義理の 甥 )。
 
人生における挫折と絶望の中、
2004年、ネット上で、津留さんのメッセージ『 覚醒進化プログラム 』に出会いました
(なので、残念ながら、津留さんには お会いしていません)。

それをきっかけに、
裕子さんと知り合い、そして、結婚。

文字どおり、
津留さんに救われ、助けられました。
 
 
結婚後、東京から千葉・外房に移り、
約6年ほど、「農的な田舎暮らし」を体験。

当時は、「エコロジー」「地球と調和した暮らし」に、
最大の関心事がありましたが、

結局のところ、「自分の内面・自分自身との調和」こそが課題であり、
そこと真摯に向き合う、貴重で濃密な時間を持つこととなりました。
 
 
2013年7月に、『 第1回 津留さん交流会 』を開催。
そこから、本格的に、津留さんについての、現在の活動を開始。

翌年には、津留の姉である、義母・山口潤子が他界し、
『集合人編集局』を、裕子さんと共に引き継ぐこととなりました。
 
 
これまでの活動において、
個人セッションでは、
のべ960名の方々の、浄化のお手伝いをしてきました。

また、
90回を超える交流会の開催と、
90回ほどの浄化ワークショップの開催とにより、

合計で、のべ2,600名ほどの方々と、
「津留さん」を通じて お会いし、お話を伺い、
そして、直接・間接に、浄化のお手伝いをしてきました。

                 [ 2022年2月 現在 ]
 
 
それらは、
表面的には、その方々の浄化のお手伝いでありながら、

その実、
実質的には、私たち自身が、自分自身のブロックと向き合い、
そしてそれらを浄化する機会でした。

このプロセスこそが、自分にとって、
一番の学びであり、かつ、一番の喜びでも あり続けています。
 
 
また、深層的には、
多くの方から、その方々が体験された「実人生」をお聞きする機会であり、

それは、自分一人の人生しか知らなかったそれまでと比較して、
「地球における人間体験」を、多く、深く、知ることができ、
そこから、極めて貴重な、理解と気づきを多く得ることとなりました。
 
加えて、
その方々の、過酷でチャレンジングな人生と比べて、
自分がいかに恵まれた人生を送ってきたかを確認する機会ともなり、

自分の不満や不安・「傷」が、
いかに軽微なものであるかを認識することになり、
叱咤されているようで、気の引き締まる思いになることができ、

また、それらの方々の奮闘ぶりを拝見することで、
結果、励まされ、激励され、
それによって、心の落ち着きと平安とが、自然、もたらされてきました。

 
また、それらの過程それぞれからは、同時に、

 「津留さん的な考え方」が、多くの方にとって、とても役立つものであること

 「津留さん的な『浄化』」が、極めて実践的であり、優れて有効であること

を、目の当たりにする機会でもあり続け、

そのことが、
津留さんが遺してくれたものに対する、揺るぎない信頼と、
自分の活動に対する、秘かな自信にもなってきました。
 
 
そして、それらから得られる なによりの果実は、

 「津留さん好き」の 仲間のみなさん大勢と、
 実際にお会いし、触れ合い、お話しすることができる
 
ということです。
 
 
これからも、
運良く得られた この立場を利用・活用して、

「仲間」の みなさんと、
「より楽しく」「より楽な」人生に ともに向かって行こう …

と、思っています。
 

 ・「与えられる」もの(提供できると期待されるもの):
 
  話をお聞きすること
  津留さん的理解をお伝えすること
  津留さん的解釈をお伝えすること
  実践的に浄化のお手伝いをすること
  仲間として繋がり、共に進んで行くこと
 

 ・「特徴」(とご指摘ただくもの): 解読力(認識力)および言語化力(表現力)
 
 「ひでさんの、クライアントの取り止めもない話の断片を拾って、
  それらを正確に理解し、そして的確な言葉に まとめあげる能力は、
  天才的だと感じています。
  生まれ持った才能かとお察しします。
  
  こちらが言った以上に『そ!それ!それを言いたかったんです』
  という感じに 分かってくださり、まとめてくださるので、
  理解してもらえた、共感してもらえた という満足感が出るのです。」
 
 「津留さんの体験を言葉にするのが非常に難しいのですが、
  ひでさん がいると、まるでAI翻訳のように
  自分言いたいことをわかりやすく砕いて説明してくださるので、
  不思議と自分の伝えたいこと、言いたいことが自然と出てきます。
  
  ひでさんは 言語化する天才だと思いました。」
 

 ・「苦手」なもの : 他人のイライラ
 ・「不得手」なこと : お金のこと
 ・「常套手段」 : 見ないふり、無視すること、逃げる・避ける
 ・「好き」なこと : 旅行
   ☆ 代表的な旅先 : 
    「北海道(知床・摩周湖・宗谷岬)」〜「沖縄本島(辺戸岬・久高島)」
    「ニュージーランド(Cape Reinga 〜 Stewart Island まで、ほぼ全土)」
    「オーストラリア(Ululu・サンシャインコースト・パース・シドニー)」
    「ハワイ(オアフ島・ハワイ島)」 
    「セドナ」「マウントシャスタ」
 ・「好き」なもの : うさとの服 (2018年から、展示販売会主催者
 

  ブログ 迷悟

(2022年2月記載)

.

Copyright © 集合人編集局 All Rights Reserved.